お問い合わせ

TEL054-634-3330

お問い合わせ・資料請求

暮らしの布を織る<資格対応> 見学可

tass織り3

一般情報

講座番号 942019
開催日時 第2火曜日 10:30〜16:30
期間・回数 3ヶ月3回
受講料 19,440円
教材費 実費 3万~5万(初回道具代)
維持費 648円
服装・持物 ●織り機、●ヘドル(初回は、[40/10]と、[50/10]を使います、●糸が切れるはさみ、●メジャー(1.5mあれば可。新たに購入する場合は2mを)、●機草(はたぐさ)8枚 ※A3サイズ、カレンダーの厚さの紙を43×30㎝に切ったもの。購入も可、●マットの下に敷くすべり止め45×100㎝位(100円ショップにあり)、●捨て糸3mくらい(太さ3mmくらいの組みひも・巾着袋の紐のようなもの)、●筆記用具

講座に申し込む 見学を申し込む このページを印刷

この講座をみんなに紹介する

お問い合わせは藤枝スクール

TEL054-634-3330

お問い合わせフォーム

講座案内

卓上手織機で暮らしの布を織る

 

デザインの本場スウェーデンで腕を磨いた講師が、北欧の息吹を織り交ぜて

暮らしに役立つ織物作りの魅力を伝授。

一生ものの趣味にできるように指導していきます。

上質な暮らしの布を織り、計画から完成まで全ておひとりで制作

できるようになることを目指します。

 

※定員:8名

 

■講座内容

日本手芸普及協会の手織り資格制度(3ステップ18種類)を通して、

織物の基礎を一つ一つ学ぶことができます。

講座はテキストのカリキュラムに沿って進みますが、

各ステップ内で1~2回、自由制作に取り組んでいただくことができます。

この際、ご希望であればtassオリジナル作品にもチャレンジできます。

※資格申請されない方も大歓迎です(申請料不要)。

※制作のスピードには個人差があります。

自分のペースで作品作りを進めていただくことができます。

 

■取得できる資格と申請料

 公益財団法人日本手芸普及協会認定資格「手織り部門」

 本科(6,000円) → 高等科(8,000円) → 講師科(30,000円+年会費5,000円)

※1コース6種のカリキュラムごとに、資格の認定が受けられます。

 

■織り機を購入する場合

おすすめの織り機  (織り機の幅によって、作れる作品のサイズが変わります)

 ①ハマナカ固定式織り機 オリヴィエ40㎝幅(30/10ヘドル付)27,000円

  サイズは幅51.5cm 奥行62cm 高さ13.5cm 重さ2.5kg

  (目安 大きいボストンバック、スーツケースを持っている感じ)

②ハマナカ折り畳み式織り機 オリヴィエ アルテア40㎝幅 (30/10ヘドル付)29,160円

  サイズは幅52cm 奥行39cm 高さ9cm(持ち運びにはおすすめです。

③アヴリル固定式織り機 30㎝幅 (30/10ヘドル・不織布バッグ付)21,600円

初回にお道具をそろえる場合、上記織り機に加えて、各サイズのヘドルをご購入いただきます。

お道具代合計は3万円~5万円程度です。

 

■織り機を持ち込みの場合

〇ハマナカのオリヴィエ

〇アヴリル

△クローバーの咲きおり

△アッシュフォード

※△の織り機をお持ちの方はご相談ください。

アッシュフォードの織り機は織り機の特徴から、資格取得を目指さない方であれば対応できます。

クローバーの咲きおりは、ご自身でたて糸をはれる人であれば対応できます。

 

■教材費の目安

綿のコースター          300-500円

綿のクロス          500-1000円

ウールのマフラー     2000-5000円

カシミヤのマフラー  6000-12000円

ウールのマット         3000-10000円

講師紹介

tass 遠藤博子

遠藤 博子

家具と手織物の工房 「tass」 手織作家  東京藝術大学大学院終了